本文へジャンプ メインメニューへジャンプ サイドメニューへジャンプ
  1. HOME
  2. ゆたかCFD
  3. 取引のしくみ
  4. 税金について
ここから本文です メインメニューへジャンプ サイドメニューへジャンプ

税金について

ゆたかCFD(くりっく株365)には、様々な税制上のメリットがあります。

「くりっく株365」は日本で初めての公的な取引所における取引所株価指数証拠金取引(取引所CFD)です。ここでは、ゆたかCFD(くりっく株365)の特徴と、気になる税金について詳しく解説いたします。

  • 申告分離課税
  • 損益通算
  • 損失の繰越控除

申告分離課税

「くりっく株365」での利益は申告分離課税の対象となり、税率は一律20%になります。
なお、必要経費として取引手数料の他、書籍やセミナー参加費用などが認められる場合がありますので、詳しくはお近くの税務署にお問い合わせ下さい。
【ご注意】平成25年1月1日より平成49年12月31日までの25年間、所得税額に対して2.1%を乗じた金額が復興特別所得税として追加的に課税されます。
これに伴い、所得税及び復興特別所得税15.315%、住民税5%となり、利益に対する税率は20.315%になります。

ページトップへ戻る

損益通算

「くりっく株365」で発生した損益は、取引所為替証拠金取引くりっく365や日経平均先物などの有価証券先物取引、金先物などの商品先物取引等で発生した損益と損益通算をすることができ、通算の利益分に対して課税されます。

例:ゆたかCFDで100万円の利益を得、他のYutaka24(くりっく365)で70万円の損失が出た場合、差し引き30万円が課税対象金額となります。

ページトップへ戻る

損失の繰越控除

損益通算の結果、その年に控除しきれない損失額が発生した場合、その損失額を確定申告の際に申告することによって、翌年以降3年間にわたり課税所得額から繰越控除することが可能です。

  • 繰越控除を適用するには、損失となった年も継続して確定申告を行なう必要があります。

例:初年度120万円の損失があった場合、翌3年間は益金が発生しても、初年度の損失を計上(=税金は0円)できます。

  • 3年を超えて損失を繰り越すことは不可能です。上記の例では5年目に損失を繰り越すことができないため、101,575円(50万円×20.315%)の納税が必要となります。
  • 損失の繰越控除の適用を受けるためには、損失が発生した年について、確定申告を行ない、その後においても連続して確定申告を行なう必要があります。
ここからサイドメニューです 本文へジャンプ メインメニューへジャンプ
  • オンライン口座開設
  • 資料請求
  • メールマガジン登録

重要事項説明

金融商品取引に関する
苦情相談窓口

ゆたかCFD(くりっく株365)

  • くりっく株365の魅力
  • 取引のしくみ
  • 預託金の流れ
  • 株価指数
  • 証拠金、取引単位と呼び値
  • 手数料について
  • 金利相当額、配当相当額
  • 注文の種類
  • 両建て、建玉整理(特別約定)
  • 取引時間
  • ロスカット・追証
  • 入金・出金
  • クイック入金
  • リスクについて
  • 税金について
  • トレードシステム
  • ユタカ365アプリ
  • 取引をはじめよう
  • CFDはじめてガイド